My Territory

タグ:Cambodia ( 5 ) タグの人気記事




カンボジアに旅行するならオンラインでビザを所得

カンボジア大使館の方から以下のメッセージが入っていたので紹介します。疑心暗鬼だったのですが、本当にカンボジア大使館のホームページでした。私がカンボジアを訪ねた時よりも数段便利に簡単にカンボジアに行ける様になったようです。


=========================================================
私たちは、カンボジア外務省のカンボジア電子ビザチーム所属のものです。
カンボジア政府が2006年4月から始めたカンボジア電子ビザについて、お聞きになったことがあるのではないかと思います。このシステムによって、旅行者は、大使館を訪問することなく、オンラインで直接電子ビザの申し込みをすることができるようになっています。
詳しい情報を知りたい方は私たちのWebサイトhttp://evisa.mfaic.gov.kh をご覧ください。 できればこのことを知り合いの方やご家族に伝えていただいて、簡単便利なビザ申請方法を共有していただければ幸いです。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。

よろしくお願いします。
 
カンボジア王国外務省 電子ビザコンサルタント
Seah JingKai
電話:(855) 23 224 973 FAX:(855) 23 224 972
=========================================================

世界遺産のアンコール・ワットは神秘的で本当に美しいです。貧しい国ですが、それでも子供達は希望に溢れていています。一度は訪れてみる事をぜひお奨めします。



by enjoythemoment | 2007-11-12 21:01 | Travel

Shinta Mani Spa

途中まで書いていたスパの記事がブラウザーがフリーズして一緒に消えてしまったためしばらくやる気を無くして書いていなかったのですが、気を取り直してShinta Mani Spaの話です。

どうやらここは評判が良くて、泊まっていなくてもスパだけをしに来るお客さんも多いようです。1階のプールサイドにあるのですが、たぶん2部屋のみだと思います。1つ目はシャワーとバスタブの無い小さめな部屋。もう1つはシャワーとバスタブの付いた広めな部屋。どちらもベッドは2台ありました。

私が最初の日に体験したのはスリミングコース、2時間半で税込みUS77ドルです。最初に受付に行くと、プールサイドの椅子とサイドテーブルに冷えたおしぼりとハーブの暖かいお茶を出してくれて、それを飲んでいる間足を赤とピンクの花びらの浮かんでいるお湯の中に入れて丁寧にブラシで洗ってくれます。その後、広めのシャワー付きの部屋に通されて、ガウンに着替えませす。紙ショーツなんてものは無くて、裸にガウンです。

このコースは、Body Scrub, Body Wrap, Body Massageの3つがセットになっていて単品で受けるより少し料金がお得になっています。Slimmingだけでなく、他にもDetoxとRelaxもありました。使用するオイルやクリーム,そしてマッサージの仕方等が変わります。

まずBody Scrubですが、塩とラベンダー、レモングラスらしいです。優しいモーションで丁寧に全身スクラブされて、気持ち良かったです。匂いもリラックス効果抜群!おまけに角質が綺麗に取れたみたいで、やった後はどこもかしこもすっべすべになりました。

Body Wrapは、面白い事にバナナの葉を使って身体を包みます。何だかわからないのですが、赤茶色い、発熱性のあるクリーム?粘土?を身体に塗られました。その上にバナナの葉を載せます。最初クーラーが少し効き過ぎて寒かったのですけれど、しばらくすると身体がぽかぽかして熱くなりました。しばらくこの状態で放置されて、その後はシャワーで身体を洗い流します。

Body Massageは、気持ち良くて途中で寝てしまいました!でもやはりかなり丁寧に太ももやら脚をマッサージされていた記憶があります。背中も。使っているオイルやクリームもナチュラルだと思います。とても自然なアロマな香りが心地よくて幸せでした。

マッサージ終了後は、着替えてまたプールサイドの椅子に座ると、冷たいレモングラスのお茶と、おしぼりと、タイ料理の前菜に出てくる、少し甘いたれで食べる春巻きに良く似たスナックを出してくれます。この春巻きがほんっと美味しかったです〜。

1回目で味を占めたので、毎日行って違うメニューをトライと思ったのですが、滞在2日目はもうすでにスパの予約がいっぱいだったため、3日目に2回予約を入れました。午前中はフェイシャルで、Regeneration Facialが税抜きUS35ドル、夜ディナーを食べた後はボディーマッサージ、anti-stress massageで税抜きUS30ドルでした。確かどちらも90分だったと思います。フェイシャルもボディーマッサージも技術はかなりハイレベルでしたが、私が一番気に入ったのはSlimming Bodyのコースです。

ホテルに滞在していると、スパ料金は10%安くなります。もしもアンコールワットを見にSiam Reapまで行かれる方はぜひ利用してみてください。



by enjoythemoment | 2006-03-08 12:36 | Travel

カンボジア、シアムリアップで泊まったホテル

カンボジアで泊まったホテルは、Shinta Maniというホテルです。
f0033510_23454058.jpg
ここにして本当に良かったです!Hotel De La Paixという同じくシエムリアップで5つ星ホテルを経営しているオーナーが建てた18部屋しかないブティックホテルなのですが何が素晴らしいってまずコンセプトが素晴らしいです。
f0033510_2346673.jpg

ここのホテルはInstitute of Hospitalityという専門学校を伴っていて、カンボジアの貧しくて食べるのにも困っているような、普通ではそのような学校に行く機会が無い、しかし優秀な青年達を無料で訓練しています。ご飯、宿舎、ユニフォームに勉強道具、そしてお給料さえももらえます。その青年達の家族達も彼らや彼女達が勉強している間物資を給付されます。すごいですよね?私ももし自分がいつかビジネスを立ち上げる機会があったらそういったコミュニティーを助けるビジネスモデルを創りたいです。
f0033510_2346253.jpg

ここに泊まる事によって、自分もInstitute of Hospitalityの経営を支援していることになります。ホテルを通してカンボジアの貧しい地域に対しての寄付もできます。また、そういった事を抜きにしても、本当に素晴らしいホテルです!レストランもGourmet Magazineでホテルダイニングの1位に輝いた事があるらしいですし。私はディナーを一度食べただけですが。ホテルダイニングの1位はホテルダイニングの経験が浅いので知らないですが、とても美味しかったですよ。可愛い子供達のクメールダンスのパフォーマンスを観ながら楽しみました。

でも、特筆すべきはスパ!3日間しかいなかったのに3度も行ってしまいました。(爆)
スパの事は次の8日のブログで。



by enjoythemoment | 2006-03-07 23:46 | Travel

カンボジアでの食事と子供達

今回は旅行の楽しみの一つ、食事の話です。
下の写真はお腹が空いて朝ご飯を食べたアンコールワットの前にあるお店でAlannがお茶を飲んでいるところ。朝ご飯はフランスパンに鶏肉を挟んだ物でした。それにタイやベトナム料理屋さんで見かける赤いチリソースをかけて食べます。
f0033510_23423776.jpg

これは遠く離れた遺跡を見に行く途中に村で食べたカンボジア典型的な米麺、タイの米麺みたいにしょっぱ辛くは無いし、ベトナムのフォーみたいにあっさりヘルシーでもない、足して2で割ってココナツミルクを多めに入れて甘めに、でも塩加減は控えめに、したような味です。左にいろいろな新鮮なハーブがどっさり入ったボウルが置いてありますが、ここからハーブを取ってちぎって麺の上に乗せて食べます。
f0033510_2343997.jpg

この下の写真も同じ米麺です。市内のマーケット内にある屋台で食べたのですが、美味しかった〜!4人で食べて、1ドルしなかったみたいです。お金払うの見てたら。おまけに、おかわり自由だったんですよ!オーナーの心が広いのだと思いますが、どんどん食べろ、と身振り手振りで言ってくれます。2杯食べました。ハーブも外国人だからか気を遣ってくれて、細かく刻んでくれたり。顔の前に手のひらを合わせて、"Thank you!"と言うと満面の笑みで喜んでくれて。カンボジアのお爺さんお婆さんありがとう!
f0033510_23425429.jpg

そしてこれは旅行中一番個人的に好きな味だったご飯。2人で食べたのですが、これにご飯とお茶が着いてなんとUS3ドルです! 市内にあるマーケット内にある、フードコートの様なところで食べました。この他にも、2人で11ドルのレストラン、あと、1人で30ドル(ホテル)のレストラン、1ドルもしない屋台等にも行きましたが、この食事が一番私の好みでした。Alannに普通のカンボジア料理が食べたい、とお願いして連れて行ってもらいました。
f0033510_23443664.jpg

左が野菜の炒め物(炒め加減が絶妙〜!)、手前が魚のトムヤムスープ、そして右後ろがシンプルな卵焼きです。でも卵焼きは隠し味でナンプラー入っていると思う。白いご飯に良く合う味でした。

残念ながらホテルのディナーの写真はありませんがディナーを食べながら観た子供達のクメールダンスの写真はあります。とっても美しい衣装ですよね!笑顔もとても可愛いです。カンボジアの子供達は皆本当に愛らしかったです。
f0033510_23432639.jpg




by enjoythemoment | 2006-03-06 23:09 | Travel

アンコールの遺跡達とAlann

シアムリアップに着いて、空港からオートバイの後ろに乗って25分程でホテルに到着。
その後ウェルカムの冷たいおしぼりとココナッツジュースをいただいて、スパの予約をすると早速アンコールワットに向かいました。午後4時半くらいだったのですが、サンセットは6時過ぎだそうなのでまだ間に合います。

この日はトゥクトゥクというバイクで引っ張る屋根付きの三輪車を出してもらい、アンコールワットのみに夕日が沈むのを見に行きました。ホテルから20分程です。

まずアンコールワットに行く途中にあるチケットを販売/チェックしている関所のような場所に行き、写真付きの3日間のパスを発行してもらいました。US40ドルだったかな。アンコール方面に通過する時は、この関所を通りパスを見せなくてはなりません。遺跡の側でもパスを提示する様に度々聞かれますので、アンコールワットに行く機会があったら毎日お忘れずに!

2日目は、トゥクトゥクだけでなくガイドさんもつけてもらいました。下の可愛い彼女がそうです。Alannといいます。彼女は英語も堪能ですし、頭脳明晰です。彼女に言って、ここにメールとコンタクトを載せる了解をしてますので、シアムリアップで英語のガイドさんを探している方は、ぜひAlannにLenLann@hotmail.comまでメールで問い合わせてみてください。電話番号は(855)12 32 6568です。アンコールワットの前知識が無くても、遺跡の事や歴史の事をわかりやすく説明してくれます。
f0033510_19284628.jpg

この下の写真もそうですが、この岩がごろごろしている場所は、あのAngelina Jolieの映画Tomb Raderの撮影で有名になった、タプロムという寺院の遺跡です。400年という年月を生き続けている大木達が遺跡の中を入り組んで根を伸ばしていて、とても神秘的です。アンコールの遺跡で私が特に気に入ったのはこのタプロムと同じくアンコールトム内にあるバイヨンという寺院でした。
f0033510_1929568.jpg




by enjoythemoment | 2006-03-05 19:30 | Travel

興味のあることいろいろ
by enjoythemoment
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Links

ハイカランダイアリー
まこという名の不思議顔の猫
カメラと一緒にパリでお散歩*
Lola Is Beauty
some required
The Sartorialist
A CUP OF JO
Copenhagen Cycle Chic
daydream lily
Face Hunter

Cambodia Travel:
Hotel I would definitely stay again in Siam Reap:
Shintamani Hotel

Recommended English Speaking Guide:
Alann Len
LenLann@hotmail.com
(855)12 32 6568

34 countries visited so far



create your own visited country map

ロンドンのホテルの口コミ

最新のトラックバック

トスカニーニのチャイコフ..
from クラシック音楽ぶった斬り
くちこみブログ集(ファッ..
from くちこみブログ集(ファッショ..
カフェ三昧モダン三昧
from 忍者大好きいななさむ書房
サマーソニック 2009
from サマーソニック 2009
子犬 しつけ
from 子犬 しつけ

ファン

ブログジャンル

画像一覧